ブログアドレスが変更になりました。 今後とも、よろしくお願いいたします。(リダイレクトにより、旧アドレスでもアクセス可能です。)
スポンサーリンク

最強アーマーのForcefieldをコースターにした話

プロテクターのメーカーとして有名なForcefield(フォースフィールド)の背骨用を、新しく購入したコミネ MOTO FANGOに転用するためカットしました。

泣く泣くカット… けっこう高かったんですよ、これ

このジャケットの背面プロテクターは、本当におまけ程度のものでこれでは心許ない。

フォースフィールドの安全に対する姿勢としては、次のようなコンセプトを持っています。

【フォースフィールド】イギリス

妥協なく,最高にいいものを作ること。この一つの信条のもとに25年以上に渡りプロテクターの設計開発を続けています。

ブランド創設以来培われてきたソフトアーマーテクノロジーのスペシャリストとして、業界をリードし、数々の賞を受賞。

そして傑出したプロテクションレベルで快適性とスタイルを調和させたスポーツプロテクションを進化させてきました。

中でもフラッグシップのバックプロテクターは、世界トップレベルの衝撃吸収性能を誇ります。

進歩を重ねた結果ハードシェルタイプを凌ぐその安全性はCEテストにおいても立証され、数々のメディア、サポートライダーを始め、数多くの利用者の方から信頼の声が多数寄せられています。

Forcefield正規代理店ニッセイ株式会社より引用

で、ジャケットのプロテクターサイズと合わないのでカットして、余った分が最終的にはコースターとなったのです。

我ながら、何と安全性の高いコースターなんでしょう。さすが、フォースフィールド。衝撃吸収はこれでOKなので、酔って手元が狂っても安心です。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました