スポンサーリンク

3年間使ってみてわかった、『中華製インカム「M1-S」』の新たな実力と謎

ジワジワと人気が出ている「M1-S」

ここのところ急に「中華製インカム「M1-S」の実力と謎について」のアクセスが増えてまして、何でだろうと気になったので、Amazonを通じて販売者に「売れてるの?」と問い合わせをしたら、同様にアクセスが上昇していると言ってました。

私がこれを購入しようと思ったのは、まず第一にコスパに優れている点です。1万円以下で選択しようと思うと、当然、Amazonでは中華製になってくるんですが、インカムに詳しいまさきちさんの情報で接続性が優れている事を知ったのと、最終的な決め手は「1年保証」が付いていた事です。

1年保証が決めてのM1-S

有名どころのインカムなら間違いないのでしょうけど、3万円も4万円もすると、夫婦で2台となるんで、相当悩む金額になってきます。

そこそこの金額で使えるやつ。そんなところが、このインカムの人気になっているのかもしれません。

3年間使ってみてわかった弱点

本体とマイク&スピーカーを繋ぐジャックが弱いです。接触が悪いと片側のスピーカーしか聞こえないし、何度か差し直していたらひん曲がってしまった事もありました。

あと、最近は電源が勝手に入ってしまう事が起きます。

前日に電源を切ったはずなのに、朝目覚めてスマホを手にしたらBluetoothが接続されているマークが出ている。

これに繋がるのはインカムとドラレコだけなんで、犯人はインカムしかないとヘルメットのところへ見に行くとボタンが光ってるのが何度かありました。

最初のうちは自分の切り忘れかなと思っていたのですが、電源ONにしようとして突如「Power off」とガイダンスが流れた時は、前日に電源を切った事を覚えていたので、この時、ようやく「勝手に電源入っとるやんけ!」とわかったのです。

ただ、このインカム、アクシデントばかりではなく、防水性能も通常使用では何の問題も起きてませんし、バッテリーの持ちも非常に良く、ロングツーリングでも安心して使えます。

高級な機種を使った事がないので比較はできませんが、アクシデントが起きるのはAmazon中華製では当たり前の話。でもそこは1年保証でクリアできるし、この3年間、通常使用において特に不満に感じた事はありません。

色々とアクシデントは起きるけど、気に入ってます

最初に購入した2台の内の1台は、パーツがぽろっと取れて交換。

その半年後に突然のシャットダウン発生で、これまた1年保証という事で交換してもらいました。

もう一台の「M1-S」はボタンのカバーが取れてきて、瞬間接着剤やボンドで修正してみたけど直らず。

現在は、ヘルメットへの固定方法も二つとも同じ仕様にしているので充電後に入れ替わる事があり、たまに起きる「勝手に電源ON」の問題は2019年に購入した方なのか、2020年に購入した方なのかはわからなくなっているのですが、新しい方だとしてもこの値段で2年持てば十分かなと思います。

まあ、これで最悪壊れても、2台セットで購入した1台が予備機として残っているのを考えると、有名どころのインカムを1台購入する金額で2台手に入るなら、私的にはアリだと思っています。

FODSPORTS インカム バイクインカム 8人同時通話 bluetooth インターコム ヘッドセット バイク無線機 防水インカム バイク用ヘッドセット 2種類マイク バイク用品 ノイズキャンセル HIFI 長距離通信 技術認証済み(二台セット
FODSPORTS
¥18,600(2022/08/11 03:00時点)
【8人同時通話&最大通話距離2000M】ソロやタンデムなら2人同時通話対応で十分、数人の仲間でツーリングに行く時、インカムを使えば、スムーズに行き先を連絡することができます。グループ通話8人まで(4-6人お勧め)ドライブの気分を盛り上げてくれます。タンデムや2人ツーリング、通勤にもお勧めのインカム!直線で建物など障害物がない場合は前後最大通信距離は約2000メートルであり、二つバイク間の最大有効通信距離は約500メートルであり、両方も音質がはっきりしています。

販売者にもご注意を

あとAmazonでは、「FODSPORTS」ブランド名で複数の販売者がいます。1年保証を堂々と表示しているのは製造元の販売者なので購入時はご注意ください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました