スポンサーリンク

石原ケミカルのユニコンカークリームが、めっちゃくちゃ凄いんです!

絶対お勧めできます!

YouTubeでたまたま見かけたこの商品。はっきり言って容器のデザインとか、黄色いところとか、ホームセンターで普通に置いてあったら手にしないかもしれない見た目なんですが、その実力はかなり凄いです。

動画で紹介していたのは、汚れたホイールをこれだけできれいにする方法だったのですが、私は傷付くのが怖いので、まず水洗いをしてから使ってみました。

何度もごめんなさいなんですが、パッケージの見た目的に最初は半信半疑でした。ですが使ってみるとホイールに付いていた小さなさな傷があっという間に目立たなくなり、艶の具合も深みがあって素晴らしいではないですか。

しかも、これまで使ってきたコーティング剤と違って拭き上げ時のムラが出にくく、また伸びが良いので1度クロスにつけた分で片面を磨けるほどです。

飛石などで付いた大きめの傷は、何度か液をつけて磨き上げていくとかなり目立たなくなりました。写真ではわかりにくいですが、研磨剤は入っていないのにこの仕上がりにはビックリです。

ちなみに、これまでに使ってきた艶出しの特徴です

一番最初に使ってみたのはこれ

米軍品質検査基準『Fed.Spec.P-P-560』をクリアしており米軍はもとより日本の自衛隊 においても一機数十億円もする機体のメンテナンスにプレクサスが使用されております。戦闘機のキャノピーは強化プラスチィックで作られており、その視界を保つためにプレクサスが使われ、透明度を高めています。また、戦闘機は温度差、風圧の激しい過酷な環境下、つねに万全が要求されるので、迅速に整備が行われなければなりません。その他多くの防衛・軍需の分野でプレクサスは活躍しています。


株式会社スマートビジョンより引用

とまあ、凄い背景を持つ商品なんですが、艶出しだけでなく、洗浄もできてしまうなんて確かに便利。でも、ちょっとお高いんですよね。

で、コスパを考慮してその次に使ってみたのはこれ

エンジンオイルや潤滑剤などで愛用しているエーゼットさんのガラス系コーティング剤。

これ、値段もお手頃なんで気軽に使えて良いんですが、拭き上げの時にムラが出やすく、ちょっとコツが入ります。主にカウルに使っていましたが、ホイールだとこのムラが気になります。

ちなみにエーゼットさんではこれも使ってみましたが、はっきり言って水洗いする方が早いです。

じゃ、やっぱりこいつか!って事でこれ

天下のワコーズですよ。無駄に使えないほどお値段も立派です。

あまり使っていないのでまだ手元にありますが、再購入するか?と聞かれたら、効果が半永久的に持つわけでもないのでしません。高すぎます。

個人的には、今後はユニコンですね

まあ、写真ではこの艶感は伝わらないと思うのですが、GSXの車体とホイールの黒光り感の凄さは正直驚きましたし、一発でこの商品を気に入ってしまいました。

特に拭き上げにムラが出ないので楽。手に付いてもベタつかなない。手を水洗いしただけでバイクに触れます。

なのでパッケージなんて気にせず、一度使ってみれば1900年創業の石原ケミカルさんの凄さがわかると思います。

あと、細かい事なんですが、使い始めの時はフタに栓がしてあるので上から爪楊枝で押し出すとうまく取れます。

困ったところは、使用後にフタをできないことです。なので、こんな事になってしまいます。

ちなみに、こちらが石原ケミカルです

ワックス|自動車用ケミカル|製品情報|石原ケミカル株式会社
ボディーの艶出し(丸缶固形・丸缶半ネリ・リキッドタイプ)、水アカ落し(リキッドタイプ)、タイヤ、ダッシュボード等の艶出し剤をラインナップ。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
未分類
スポンサーリンク
Tandem 819をフォローする
タンデム819

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました