ブログアドレスが変更になりました。 今後とも、よろしくお願いいたします。(リダイレクトにより、旧アドレスでもアクセス可能です。)
スポンサーリンク

『VSYSTO バイク用 ドライブレコーダー P6』R25では、こんなところに収めてます

ドラレコはいいんだけど、バイクは収容力がないので困る

自分の身を守るためにドライブレコーダーは必須ですが、これ、結構収める場所に困るのです。

今、使っている「VSYSTO バイク用 ドライブレコーダー P6」も、本体はそれほど大きくはないけど、少し厚みがあるので収めるためには工夫が必要でした。

純正アラームと並べて収納

シート下の小物入れのようなトレーを外すと少しスペースがあります。純正のアラームはこの下に収められていて、その右側に同じほどの大きさのスペースがあるのでそこを利用します。

●秘密基地のような端子盤?やETCを取り付けている、このプラスチックのトレーを外します。

●純正アラームはここに収められていて、その右側が少し空いているので利用します。

●ちょっと押し込まないと入りませんが、なんとか収まりました。

このP6の本体は防水仕様なので、車外に取り付ける事も可能なのですが、そこはバイクの悲しいところで盗難の可能性があるので無理。そして、私のバイクには電装品が多いので特に工夫が必要でした。

写真でもわかるように、もう、ギリギリです。ですが、R25の場合は、ここ以外に収納するところはありません。

で、ここから前後カメラへ配線を通すのですが、P6に付属する配線はフロント側は長く、リアはレンズから出ているコネクター線が意外と短いので、車種によりますが、タンク寄りに取り付けると接続部分が露出して防水に問題が出ます。

この収納場所は、これまで気付かずで見過ごしてきたところでした。ですが、アラームを少し押しのけたらスペースが空いたので、収容力のないバイクでも工夫すれば何とか収まるものだと、我ながら感心しました。

ドレレコの性能は?

今や3台に1台の割合で付けられているドライブレコーダーですが、バイクに至っての装着率はそこまでいってません。

自己防衛のためにも取り付けをおすすめするのですが、バイク用として防水などを考慮すると、そこそこお金もかかるし、どれがいいのかという問題もありますが、それでも万一の際に役立ちますので、まさきちさんのページや

専用品から流用品まで!バイク用ドライブレコーダーを徹底比較
2019年4月時点最新版 専用品が次々と発売され、ようやく普及段階に入ったバイク用ドライブレコーダー。LED信号機対応や前後撮影など、必要な機能を備えた製品が安価に購入できるようになってきたので良いころあいだ。メインのVFR800には4台、

以下の記事で紹介していますので参考になさってください。

VSYSTO バイク用 ドライブレコーダー 前後カメラ 同時録画 全体防水 WiFi機能 SONY IMX323センサー 200万画素 フルHD1080P スーパー暗視機能 150°広角 2インチ 全国LED信号機対応 GPS対応(別売) Gセンサー 常時録画 ループ録画 リモコン付き 手動ロック 最大256GBカード対応 自転車 二輪車 ドラレコ スマホ連携 煽り運転防止 日本語説明書 一年間品質保証 P6F
VSYSTO
¥17,999(2022/03/01 17:09時点)
【前後1080P 録画&驚きの夜間映像】VSYSTO バイク用ドライブレコーダーの前後カメラは200万画素の高画質のカメラを搭載することにより、走行時の映像もクッキリ高精細で再生できます。フロントカメラは上質なSONY IMX323センサー/27.5fps(日本全国信号機対応)を搭載しており、安定した鮮明な画像で録画できます。リアカメラは新機能のスーパー暗視機能付きセンサー搭載、内蔵のWDR/HDR機能によって自動的に強い光線を抑える、それに対して光線が足りない部分を明るく調整します。150°広角レンズと、昼夜問わず景色の細部まで記録してくれます。煽り運転や交通事故の証拠を残すための備えとしてだけでなく、旅中の映像や細かい部分もしっかり記録できます。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ドラレコYZF-R25
スポンサーリンク
タンデム819をフォローする
タンデム819

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました