ブログアドレスが変更になりました。 今後とも、よろしくお願いいたします。(リダイレクトにより、旧アドレスでもアクセス可能です。)
スポンサーリンク

『GSX-S750』シートの外し方

ちょっと面倒なシート外し

このバイクなんですが、シート下にあるバッテリーのチェック・充電をするためには、最初に左右のカウルを外さなければできません。

とても面倒な作りな上、一番最初に外す時はフックが抜けにくく、かなり硬いので無理をすると折る可能性があります。

なので、私と同じように初めてGSXのカウルを外す方のためにだけこの記事を書いています。

手順

まず、矢印のボルトを六角レンチで外します。

後で出てきますが、このカウルの上部に差し込む部分があり、真っ直ぐ力任せに引き抜くと爪が折れます。なお、赤丸はボルトで固定している部分です。

フックは黄色の丸のあたりに2カ所あり、特に写真右側のフックに注意です。

最初に右側のフックを外すのですが、無理に引っ張ると、フックの穴の役割をしている赤いところのカウルが同じように引っ張られ取れにくくなります。

なので、黄色の矢印のあたりから指先を入れ、赤い方のカウルを手の甲で押さえながら両手を使って黄色のカウルを浮かして、最初のフックを外すイメージで進めると上手くいきます。

で、最初のフックが外れたらそのまま右手をもう一つのフックの方へ進め、そのままの状態で左手をカウルの下部からフックのそばまで手を入れて、こちらも両手でフックを外すイメージでカウルを外します。

最後にカウルを引っ張って外すのですが、上部はシート下あたりで赤色のカウルと矢印の部分で繋がっています。なので、カウルを浮かしてから角度に沿って抜くイメージです。

黄色い丸のボルトを外してシートが外せるようになります。ちなみに六角レンチの大きさはカウルのボルトと同じサイズです。

シートは後方にフックで止まっているので、まず前の方から両端を少し広げて浮かし、持ち上げると外れます。リアシートも同様の構造なのですが、こちらはキーでロックを解除できます。

取り付けは逆の手順で行います。カウルを固定するボルトの締め付けトルクはサービスマニュアルに記載がなかったので適当に締めましたが、締め過ぎには注意です。

あと、六角レンチや六角ビットなんですが、ホームセンターで売っているものでも十分に使えますが、脱着を繰り返していると精度や硬度が低いためボルトの穴を傷める事があります。

なので、たかがレンチなんですが私はこれを使っています。

PBスイスツールズ ロング六角棒レンチ 2114
PB SWISS TOOLS
¥737(2021/03/07 19:56時点)
●ハンドルの長さはスイス規格VSMに適合しており、通常の六角棒レンチよりユーザーに優しくなっています。

TONEのビットセットもいろいろなところで役に立ちます。六角ビットの精度も高く使いやすいですし、トルクをコントロールしやすいので、固着したネジを外す時はネジ山を潰しにくいので重宝します。

特にフロントブレーキフィールドの蓋のビスは、滅多に外す事がないためサビによって固着している事が多く、そして小さなネジなので簡単に潰してしまいます。

私も一度、ネジ山をなめて慌てた事があります。

最後に、スズキさんへ

もう少し簡単に脱着できるようにできなかったんでしょうかね。

私は最初に外してから、フックにシリコンスプレーを吹いておきました。これによって2回目以降の脱着はかなりスムーズになりましたが、1回目は「外れる?」と思うほど硬く、サービスマニュアルが無ければかなりの勇気が必要な作業です。

R25と2台だけの比較になりますが、ヤマハに比べてスズキの方は材質が硬く、他と繋がる部分の仕様も薄く・細く・硬いので、寒い時期の取り外しはかなり注意が必要だと感じます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYGSX-S750
スポンサーリンク
タンデム819をフォローする
タンデム819

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました