スポンサーリンク

中華製インカム「M1-S」の実力と謎について

アマゾンで人気の中華製インカム達、その実力と操作性についての経験談です

インカムといっても様々で、ビーコム・デイトナ・ミッドランド・SENAなど、1台3万円以上する高級機を買えばペアリングも簡単です。ですが、嫁さんの分も買わなきゃとなると、2台・7万円前後の出費はムリムリ。

じゃ、選択肢は一つしかない。そう、Amazonで賑わっている中華製インカムしかないのです。

ただ、一口にAmazon中華製品といってもその仕組みや背景は奥が深く、安易に購入するとペアリングに苦労したり、結構な割合で不良品と言うか、品質に問題があるのに当たるし、返品・交換に応じない販売者もいて注意が必要なのです。

そんな中、「M1-S」購入の決め手になったのは、あらゆるインカムについての比較をレビューしてくださっている「まさきち」さんの情報が決め手となりました。購入を検討している方は、ぜひ参考になさってください。

まさきちさんのサイト 「バイク用品を試しにバイクでGO!」

もう1台 中華製インカムを代表するriders 4

これこそ、複数の販売者が競い合って売っている riders 4(riders 6もあり)

購入前までインカムのペアリングについて全く無知だった私は、まさきちさんの記事を読み込んではAmazonへ飛び、そしてまた記事を読むという状態でした。

そんな中でおぼろげに理解したのは、他社製インカムをペアリングをするには容易ではない機種もある事と、どうやら「riders 4」よりは「M1-S」の方がコスパが高いぞという事でした。

その時点では他社製とのペアリングの特徴や、通信規格であるプロトコルなどの概念もなく、全てのインカムって、スマホや生活の周りにあるBluetoothで簡単にピッと繋がると思っていました。

ですが、複数台を繋ぐ、また、他社製品を加えてペアリングするとなると、自分の機種がどの程度のパフォーマンスと融通性を持っているかによって接続の難易度が変わってきます。

そう言った意味では、使用方法が限定される方やタンデムで使用するにはこの「riders 4」で十分ですが… 私は買いません。

購入からこれまで

この付属する3M製のテープの使い方が分からずかなり苦労しました。カットした物が付属していたのですが、一方をインカム本体の凹んだところに貼り、もう一方をヘルメット側部に貼り、押し付けて固定するのです。

私は、最後までこの方法が全く理解できませんでした。凹んでいるところとヘルメットの平面が密着するはずがない。どんな風に使うのか説明も不十分で、あれこれ試しているうちにテープが足りなくなり、その日は断念しました。

しかし、テープがなければ取り付けもできないので、事情を伝え、これを自分で購入するのは納得がいきませんと販売者に伝えたらパーツを送ってくれました。

で、不安なまま強く押し付けると何となく固定されている。まぁ、しばらくこれでやってみるかと思って取り外しを試していたら、ある日、ポロっとパーツがもげました。

写真の白いところは、取れた次の日にツーリングで使うために
とりあえず固定しようと使ったボンドで、本来は両面テープで固定されています。

で、販売者に「取れたよ」と、その経緯を説明したら、「両面テープで取り付ける仕様なので、貼り合わせてください。」ときた。

いやいや、2台・2万円近く出して買った商品の一部が取れて、それを自分で貼るのもおかしいし、しかも、修理費用をなぜ負担しないといけないのか理解に苦しむと伝えたら、本体そのものを交換してくれました。

素晴らしい対応です。🌟🌟🌟🌟🌟

第二世代? 第三世代? 進化している取付方法

で、新しく届いた品を見ておったまげ。わずか1〜2ヶ月の間に取り付け方法が変わっているではないですか。第二?世代の登場です。

上:第一世代 下:第二世代

もう1台は問題なく使っていたのですが、半年ほど過ぎた頃、交換をしていない初代型の電源が突然落ちました。それが頻繁に起きて、パワーON・OFFのガイダンスも流れなくなってきたと思ったら、最終的に全く電源が入らない事態に。

状況を伝えると、もちろんFODSPORTSさんは1年保証だからと交換してくれました。👏

そして届いた商品を見て、またまたおったまげ。これまたデザインと中身と、そして… またまた取り付け方法が変わっているではないですか。第三世代の登場です。

今度は、二つのパーツを組み合わせて固定する方法に変わりました。右はヘルメットへ取り付ける台座みたいなもので、そのベースに左のインカムをキャッチするパーツをはめ込みます。

進化した第三世代のヘルメット固定パーツ

新しい「M1-S」は買いか?

現在のバージョンの「M1-S」は、何やら内蔵のバッテリー容量が上がったらしいのと、元の英語のガイダンスが、女性の声によるおかしなイントネーションの日本語に変わりました。

ボタンのデザインや大きさも変わりましたが、特に使い勝手に変化はありません。

左が初代と第二世代共通のデザイン 右が第三世代 ボタンの大きさと配置が変わっている

「M1-S」などの中華製インカムを購入するなら、マーケットプレイス保証もあるAmazonで購入される方が良いと思います。

と言うのも、中国系の販売者はレビューや評価をとても気にします。評価3.5以下だとセールに参加できなくなるのでクレームに敏感です。なので、返品や保証のサポートに真面目に対応してくれるので、これが保険と思っています。

その上で言えば、この「M1-S」はオススメのインカムだと私は思います。少し値段を下げている別の販売者(ENKLOV)もありますが、販売元によってアフターフォローが違いますので、1年保証の付いている『FODSPORTS』から購入した方が安心です。

FODSPORTS インカム バイクインカム 8人同時通話 bluetooth インターコム ヘッドセット バイク無線機 防水インカム バイク用ヘッドセット 2種類マイク バイク用品 ノイズキャンセル HIFI 長距離通信 技術認証済み(二台セット
FODSPORTS
¥18,600(2022/08/11 03:00時点)
【8人同時通話&最大通話距離2000M】ソロやタンデムなら2人同時通話対応で十分、数人の仲間でツーリングに行く時、インカムを使えば、スムーズに行き先を連絡することができます。グループ通話8人まで(4-6人お勧め)ドライブの気分を盛り上げてくれます。タンデムや2人ツーリング、通勤にもお勧めのインカム!直線で建物など障害物がない場合は前後最大通信距離は約2000メートルであり、二つバイク間の最大有効通信距離は約500メートルであり、両方も音質がはっきりしています。

中華製インカム「M1-S」に関する記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
インカム
スポンサーリンク
Tandem 819をフォローする
タンデム819

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました