ブログアドレスが変更になりました。 今後とも、よろしくお願いいたします。(リダイレクトにより、旧アドレスでもアクセス可能です。)
スポンサーリンク
ドラレコ

アクションコムとドライブレコーダーを兼ねた『ミッドランド MIDLAND XTC290 』の実力

Amazonタイムセールで¥9,467でした 後方録画用にと購入したこの「ミッドランド MIDLAND XTC290」。ドライブレコーダーとしてもアクションカメラとしても手頃な値段で使える優れものですが、その実力のほどはいか...
アイテム

KTM純正『バックプレッシャーバルブ』を、YZF-R25で使うとどうなる?

バックプレッシャーバルブとは、いわゆる内圧コントロールバルブで、これを装着する事でクランクケースを減圧してエンジンの回転抵抗を低減させ、エンジンブレーキを軽減し、しかも吹け上がりを良くする事ができる、KTMではバックプレッシャーバルブという純正部品になります。
インカム

中華製インカム「M1-S」の実力と謎について

アマゾンで人気の中華製インカム達、その実力と操作性についての経験談です インカムといっても様々で、ビーコム・デイトナ・ミッドランド・SENAなど、1台3万円以上する高級機を買えばペアリングも簡単です。ですが、嫁さんの分も買わ...
DIY

『バイクのアクセサリー電源確保』スペースの無いYZF-R25ではこんなやり方で

さて、電気はどこから取りましょうか DCソケット・USB電源・ナビ・ETCなど、皆さんは電源が必要になった時にどこから取っていますか。 よく見かけるのはヒューズから分岐する方法です。一ヶ所だけ電源を取り出すだけなら簡単...
アイテム

Amazon中華製ブレーキ・クラッチレバーは使えるか?

Amazon中華製シリーズ、レバー編です バイクカスタムの一つのレバー交換。これね、名の知れた所のパーツだとメチャクチャ高いんですよね。 ただ、レバーそのもの作りや素材は純正品が一番いいと思うので、あえて交換する必要は...
アイテム

『デジタルトルクレンチ』これ、使うのが難しいと感じるのは私だけかな?

DIY整備で専用工具、特にトルクレンチなんて必要なのか? 私の結論は、作業効率が全然違いますので、素人がやるにしても専用工具はあった方がいいと思います。 例えば、電線を切る・被覆を剥く・端子をカシメるなどの作業はペンチ...
アイテム

『中華製トルクレンチ 精度±4%』の疑問とその実力

先日、楽天ショップで小さなボルトの締め付け用にと5N-mから25N-mまで測れるトルクレンチを購入しました。までは良かったけど、勇気を持って注文したのはやはり中華製。Amazonでも同じ品が流通していますので、今回は、この怪しげなトルクレンチについての話です。
DIY

失敗は成功の元 DIY整備のオススメ『ブリードスクリューのトルクって気にしていますか?』

15,000km走ってオイル交換もしたし、そろそろブレーキキャリパーのOHをしたいなと思ってたところなかなか時間が取れずでしたが、すでに消耗品などの準備も整っていたので梅雨の合間の晴れた日に思い切ってやりました。
DIY

失敗は成功の元 DIY整備のオススメ『ブレーキフルード交換とエア抜き』

失敗は成功への道です。私は、これまで車体カウルのボルトのトルクをかけすぎて折った事が2回。車体のどこかに落としたボルトが出てこないのが2件。バッテリーターミナルを折る事1件。そして、今回のエア抜きでやっちゃった件などなど、素人整備の試練なのか色々とバカな事をやっていますが、それでも経験は人を強くしてくれます。
ドラレコ

『映像で見る』バイクに対する煽り運転の実態

人は暗闇だと本性を現すのか。それともこういった輩は明るい時でも同じなのか… この動画は、私が実際に危険な運転に遭遇した時のものです。それは、ツーリングの集合場所へ向かう道中に起きました。
アイテム

職人魂が光る逸品 ISAスプロケット

奈良県から生み出される Made in Japanの逸品。たかがスプロケット、たかが歯車です。生産性とコストを意識して作っても良さそうなものを、そこまでこだわる理念から生まれるモノには人を惹きつける何かがあると思いますし、そんなこだわりの品が、私は好きなんです。
レビュー

やっぱりバイクはMTですね、YZF-R25で痛感しました

痛(痛い思いをして)感(感じる事)への序章 16歳で初めてバイクに乗った時、何も気にせずガリガリとステップを擦り、火花を散らしていたのですが、今、思えば、あの貧弱な車体やタイヤの性能でよくそんな事ができたなと、まさに若気(バ...
ドラレコ

バイクに『ドライブレコーダー』付けてますか?

最近、車やバイクを運転していると、「録画中」なるステッカーを結構見かけるようになりました。ソニー損害保険が2018年に調査した分での普及率は31.7%で、前年比で16.4ポイント上昇したそうです。
スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました